バイオダイナミック農法

ドイツの人智学者 ルドルフ・シュタイナー(1861-1925)によって提唱された農法。
農場をひとつの有機体と見なし、土地・植物・動物・人間の有機的調和を重視する。
化学肥料や殺虫剤を使わない点では通常の有機栽培も同じだが、粉末状の鉱物(水晶など)や牛角糞(牛の角に牛の糞を詰めた物)などから作られる調合剤や、天体の動きやリズムなどを非常に重要視する点で独特な農法。
~
~
ちなみにシュタイナーは日本ではシュタイナー教育の創始者として有名。

  • 最終更新:2007-12-20 07:08:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード